脳の異常-不治の病が完全に治った
ベニヤミンのいやし

ベニヤミンという名前

 

わたしは3人の男の子の親ですが、次男の名前はベニヤミンと言います。漢字を使わず、片仮名でベニヤミンです。外国には多い名ですが、日本ではまれな名前です。

このベニヤミンが生まれたのは、私がアメリカへ行っているときでした。誕生の知らせを聞いて、何という名前にしようかと考えていたとき、思いの中に突然ベニヤミンという名前が浮かび上がってきました。

神からのものかもしれないと思ったのですが、日本にはこのような名前はありません。心の中で拒否したのでした。それから、1、2時間たった後、米空軍のチャプレンが「あなたの息子の名前はベニヤミンにしなさいと神さまが言っておられます」と預言しました。

わたしは彼にベニヤミンという名前については一言も言っていませんでした。これはまずい、神様が本当に言っておられるのではと思ったのですが、どうしても同意できませんでした。家に帰って妻に言いますと、妻は「神に従ったほうがよい」と私に言うのです。しかも神は、「わたしの示す名にしないとその名の実質は表われない」と、預言を通して語られました。

ベニヤミンは右手の子という意味で、名誉、すぐれた、ということを表わします。この名前が、主の栄光の表われの鍵となりました。

 

ベニヤミンのいやし


ベニヤミンが病院から帰ってきたとき、この子はずいぶん静かだなと思いました。泣かないのです。私はうれしかったのですが、妻は心配しました。病院に行き、検査をした結果、たいへんなことがわかりました。脳の中心の細胞が壊死しており、左右の脳の高さがちがい、脳に穴があいており、脳波の異常がありました。

緊急入院となりました。医者から「この病気は治らない、知能と身体に障害が出るので、この子の人生のために用意してください」と宣告され、東京都の小児難病の指定を受けました。

目の前が真っ暗になりました。しかし、愛ある全能者が私の父でした。絶望の中に、神にいやしを求めて祈り始めたとき、神はベニヤミンという名を思い起こさせてくださいました。幸運、優れたという意味です。

確かにこの地上には、障害を持ちながら、主の栄光を表わしておられるすばらしい方がいることを、私は知っています。しかし、ベニヤミンに関しては、そういう形とはちがう栄光の表われを主は用意しておられました。神はいやすと語られたのです。

お医者さんに再び会ったとき「この病気が治ったら奇跡かどうか聞きなさい」と、神さまから言われました。勇気を出して聞くと、「奇跡か、あるいは奇跡的です」と答えられました。さらにそのとき主は、「神が治されると医者に宣言しなさい」と言われました。治らなかったらどうしようと思ったのですが、神に従って、思いきってそのことを医者に言いました。

いまペニヤミンは3歳になって、教会を走り回っています。完全にいやされて2年になります(1992年現在)。お医者さんは妻に「お父さんの勝ちですね」と言ったそうです。私の勝ちではなく、神の勝ちです。

私は主の憐れみに感謝しています。もしベニヤミンという名にしていなかったら、いやされたかどうかわからないと思っています。私にとってベニヤミンは、神の栄光と愛を表わす名前となりました。

聞き従うことを通して、主はご自身の栄光を表わしてくださいます。主は聞き従わなくても私たちを真に愛してくださいますが、聞き従わない時に、私たちはある祝福を逃してしまうのです。聞き従うことを決して軽んじてはいけないのです。

 

パウロ秋元(主の十字架クリスチャンセンター東京アンテオケ教会牧師)

 

 

教会では病のためにお祈りいたします。教会にお越しください。